自然葬の特徴について

日本で広く行われている供養の方法は、墓石を用いたものです。
自然葬では、墓石などを用いたこれまでの方法とは異なり、遺骨を自然にかえす方法のことを指します。



自然葬には様々な種類があり、以前は遺骨を粉砕し散骨するということを指しましたが、最近では直接遺骨を土中へと埋葬するもしくは時間の経過とともに土にかえる骨壷を使用した方法も自然葬として扱うこともあるようです。

自然にかえりたいと願う人はもちろんのこと、核家族化などの社会の変化により、これまでのように先祖代々の墓を管理することが出来ないという理由から自然葬を希望する人も多くなってきているようです。

メリットとしては、故人の希望を実現することが出来るということや費用を安く抑えることが出来るということがあります。方法にもよりますが、墓地の継承者がいないという場合でも霊園が管理をしてくれるというメリットがあります。一方で、デメリットもあります。

それが、比較的新しい供養の方法で、親類の中には理解することが出来ないと考える人もいるということがあります。

事前にしっかりとした説明がなかった場合には、親族間のトラブルに発展する可能性がありますので、注意が必要です。
どのような方法で行うのかを事前にしっかりと説明するようにしましょう。

ガジェット通信に関する情報が満載です。

自然葬を行なっている場所は都心から離れている事が多いので、通うのが難しい可能性がありますので、場所などは事前にしっかりと確認するようにしましょう。