自然に囲まれた場所での樹木葬に人気が高まっています

最近、樹木葬と言う言葉を良く耳にします。

これは従来の様に墓標として石碑を使わず、樹木を墓標代わりにして埋葬する方法の事を指します。

この埋葬法は、死後は自然に戻りたい、自然の中で眠りたいと言う想いの方が増えている事もあり、人気が高まっています。

しかし樹木葬は散骨ではなく、法律に従い墓地として許可を得た場所に埋葬する方法で、無許可の樹木の下に埋葬する事は違法なので注意が必要です。あくまで墓地に埋葬し、ここに眠るという印が墓石でなく、樹木だと言うだけの違いです。

この樹木葬に人気が高まっているのは、自然回帰の考え方以外に、墓石を建立するよりも費用的に安く、また多くが永代供養である点や生前に予約できるため遺族の負担を減らそうと言う考え方の高まりの影響も大きいでしょう。



この樹木葬の可能な墓地には、一般の墓地の中に専用スペースを設けた所がありますが、多くは郊外の里山を切り開いた様な場所に専用墓地として造成されているのが一般的です。

ジョルダンニュース!の情報を幅広く扱っているサイトです。

墓地は近隣住民にとっては迷惑施設と思われがちですが、放置された里山を切り開き、そこに樹木を植えて埋葬する事で、墓石の立ち並ぶお墓の雰囲気とは違い、また里山の保全にも役立っていると言えるのです。
この樹木葬に用いられる樹木は、余り背丈が大きくならない桜、ハナミズキ、サルスベリ、モミジ、バラ、ウメモドキ等の樹木で、その地方の気候風土に適した樹木が選ばれます。

樹木の下に、眠る人の名前を刻んだ小さなプレートを設置されている事が一般的です。



家族葬など葬儀も多様化していますが、埋葬法も多様化しており、こうした埋葬法を選択する人が増えているのです。