永代供養墓の利用料について

永代供養墓は霊園や寺院が責任をもってお墓の管理をしてくれるので、墓参りの心配をする必要がないというメリットがあります。

それだけでなく個別に墓石を立てなくてよいため、一般的なお墓に比べると費用もかかりません。
料金は一度に払い込む方式がほとんどですが、年会費のような形式を取っているところもあります。

NAVERまとめに関する有益な情報をご紹介いたします。

永代供養墓の利用料は、霊園や寺院によって大きな幅があります。平均すると数十万円程度ですが、安ければ10万円前後から、高ければ百万円を超えるところまであります。

この違いは、主として供養の内容の差に起因しています。



たとえば最初から合祀という形で、遺骨を他の人の骨と一緒に埋葬する場合には、10万円前後で利用可能です。
しかし骨壷を納骨壇に安置したり、単独墓に埋葬したりすれば、それだけ料金がかかります。

そのような場合でも、多くのケースでは最終的に合祀することになりますが、単独で供養する期間が長ければ長いほど料金は高くなります。



もちろん納骨壇や墓地の設備、墓地の立地条件、法要の回数などによっても料金は変わってきます。

なかには回忌法要のお布施は別料金というところもあるので注意が必要です。

逆に夫婦で利用すると割安になる施設もあります。

費用の安さで選ばれることも多い永代供養墓ですが、霊園側に勧められるままの契約をすると、思わぬ高額になってしまう可能性があるため、どんな供養を望むのかハッキリと決めておくことが大切です。