樹木葬は遺骨をそのまま土に埋める埋葬方法です

樹木葬は、近年になってから新しく誕生した葬送の方法で、墓石の代わりに樹木や花を植えて墓標とし、遺骨は骨壷から出してそのまま土に埋めて埋葬します。

登場の背景には、昔ながらの「家」制度が崩れつつあり、核家族化が急速に進んでいる昨今の時代の流れがあります。先祖のお墓はあるが後継者がいない場合や霊園・墓石はお金がかかりすぎるので経済的に困難といったケースも増えています。



そこで増えてきたのが、経済的負担の少ないロッカー式の納骨堂や他の人と一緒の墓に埋葬する永代供養墓で、さらに海への散骨まで登場しています。


ところで、海への散骨は公海上に遺骨を撒くことから合法とされましたが、同じように自然を壊さない、環境にもやさしいとされる樹木葬ですが、土に勝手に遺骨を埋めてしまうことは「墓地埋葬法」で禁止されています。

ジョルダンニュース!情報探しのヒントをお教え致します。

合法として認められている所は、あくまで墓地として認定されているところだけですから、お寺の一角を樹木葬専用墓地として整備しているケースがほとんどとなります。

ちなみに、樹木葬を行うとする業者がいますが、墓地としての許可を得ずに行っていることがあり、その場合は「墓地埋葬法」に抵触してしまうので充分に調べることが必要です。



なお、樹木葬に掛かる費用は一般的に30万から50万円くらいで、このほかにお寺に支払う年間管理費が1万円前後掛かります。

また、樹木の購入費は別途必要となり、墓地によって違いますが、ほとんどの場合は指定された樹木から選ぶことになっています。自分で持ち込みができる場合は、土地柄によって樹木の育ち方が違いますから、事前にお寺や専門家に相談することが大切です。